月夜のお茶会

裏広間お茶会記録>2005年6月


2005年6月29日  「おかカフェ」ネタプレスタート 

 RPG!! RPG!!
 って感じにRPG7をゲットしたので、もののついでに「おかカフェ」ネタのプレスタート。

 一応「おかカフェ」ってなんぞやって話からしておいた方が良いのかな?
 おかカフェとは表で作っているオリジナルTRPGで正式名称は「”お帰りなさいませ”Cafeまほろばへ」。略して「おかカフェ」でございます。
 表はともかく裏だとTRPGってなんぞやって人がいるかもしれないので、それに関してはこの辺り(by TRPG.NET様)を参考にするのが良いかと。

 で、その「おかカフェ」ってのがメイドさん+銃火器で化け物退治って具合のTRPGなわけです。
 メイドさんという要素がなければ、非常に普通のガンアクションものTRPGなのですけどね。そこをあえてメイドさんってところがミソ(笑)。
 オフセでは既に3つ目のキャンペーンに突入……って、まぁこの辺は表向きの話ですね。

 とりあえず、メイドさん+銃火器でガンアクションなゲームがあると思いねぇ。
 そして、その中に「スナイパー」とか「ライダー」とかいうスキルクラス(=職業とかジョブとかと同義語)が12種類あるわけでが、今回はそのなかの「ヘビーガンナー」というスキルクラスですな。グレネードランチャーやアンチマテリアルライフルなどの重火器を使うクラス。

 このネタの方向性がいまだ固まってないのでどこに向かっていくか分かりませんが、ミリタリ小物のネタはおかカフェと絡めていくかと思われます。

余談
 MAHOROBA(メイドさんたちの組織名)のロゴはN氏がイラスト用に書いたやつを拝借。結構このロゴは気にいってたりします。
 あと、一枚目の写真で踏まれているウォディックには特に意味はないです。踏み台を探していたらちょうど良い高さだったもので(笑)。

誤植修正
 リンクを追加したもののカテゴリ分けがサーチエンジンのところにそのまま載せてしまってました(汗)。
 申し訳ないです。


2005年6月25日  フリーダムガンダム+少女 

 号の選考にはもれてしまったようで残念。まぁ、採用されたら採用されたで驚きの超展開なので良しとしましょう(こっそり敗者復活に期待してみたり:何ッ)
 てなわけで、正式に「(株)サルにん」様のところにリンク張ってみました。何気にドール系のサイトにリンクを張るのは初めてですな。
 元をただせば裏は隠しサイトだったわけで、ドールサイト化したあとも外との交流みたいなものはなしに内にこもってましたし。こもってるのは最近の表もそうなのですけどね。
 まぁ、今後も気張らずにぼちぼちやっていきましょう。

 てなわけで、ようやっとフリーダム少女ネタですよん。お待たせというか待っている人がいるかどうか分かりませんが(笑)。

 とりあえず、いつものOPポーズ。初めてOPに出てきてからこのポーズは何気にOP皆勤賞ではないでしょうかね。
 普通の可動ドールスタンドなので苦しいですが微妙に浮かせてます。SEEDのMSは浮いていた方が映える(劇中でも運命になってからほいほい飛んでますし)のでスタンドの改造でもして見ましょうかね。
 手間かける改造でなくても台を一段高い場所に置くとかそれだけでもいけそうですが。

 

 お約束、その2の「ハイマットフルバースト」。
 やっぱりこれも劇中のイメージで斜め下からのあおりが一番らしく見えるのかもしれない。
 表の方でも書きましたがこのフリーダムはMGではなく1/100スタンダードなので、ハイマット状態で砲身が前に向かないために手軽改造で前に向くようにしております。
 MGの方が羽部分がデカイらしいので今思うとMGの買えばよかったとも思う今日この頃。
 ちなみに、実は羽の開き方が間違ってますが改造する時の手違いでこの開き方じゃないと砲身を前に出しにくくなってしまったのは愛嬌ですな。

 お約束その3。
 同じく劇中でビームサーベルでばっさばっさ斬りまくっとるイメージが。表でフリーダムガンダム載せたときと同じコメントばかりだな(爆)。

 てなわけで、フリーダムガンダム+少女でしたー。
 今回は解体新書はしなくてよさそうですね。方法はほとんどカオスガンダムのときと同じですから。
 違うのは背中に重いものを背負ってもゴムが伸びきってしまわないようにプラパンで背骨ライクな補強をしている所ぐらいでしょうか。
 あとは面白いくらいにカオスの時と一緒です。ガンプラ系は殆どこの方法で問題なさそうですな。

 さて、次は何で行きましょうかね。
 順番的にはゾイド娘でしょうか。ゾイドで最萌えといえばジャノブレイカーなので、一度行っときたい所なのですがばらしてしまうのが惜しい。
 ジェノブレも今じゃ貴重品ですからね。下手にゾイド熱ある分だけばらす思い切りが付きません(爆)。
 ばらさなくても良い様にアタッチメントパーツを工夫するのも一興ですな。

 あとはMSの最萌えである「Ex-Sガンダム」か。こっちは8000円という値段がネック(笑)。
 もう一個買うのも良いけど組むのもすごい時間がかかりますからね(爆)。
 しかし、「Ex-Sガンダム」「Zプラス」「FAZZ」とα部隊をコンプリするというのもセンチネル好きとしては燃えるなー。


2005年6月22日  秘湯の浴衣美人 

 しまったー。みーらーれーてーたー。
 まぁ、応募した時のメールにサイトのアドレス載せたままだったので遅かれ早かれだったような気もしますが、しかし既に見られていたとは……(汗)。

 えぇと、何の話かと申しますと「(有)サルにん」様というサイト様で「刀の号」を募集するという企画があったのですよ。サイトのほうは、以前そちらのサイト様のコンテンツに触発されて自作武器を作ってみようとした時にちょっと話題に上げたかと思います。
 で、オリンピック精神な感じで号を送ってみたのですが、実はROMられていたことが発覚しまして。相変わらず表と同じく客層が分からないサイトをやっているわけなのですけど、ひょんな所から判明したりしますな。

 ひとまず、サルにん様の所には週末にでもリンクを張らせていただて、挨拶にうかがわせて貰いたいと思っております。

 でだ。
 問題は刀の名前を何にしたのかという所なのですよ。既にサルにん様のところで暴露されちまってるので、うちでもネタにしておきたいと思います(何ッ。
 刀の名前。そして最近、浴衣付いているというこの2点。そこから表を昔から知っている人ならピンとくるかも知れません。
 アレです。アレです。「浴衣美刃」。
 アーマードコア(PSのロボゲー)の愛機につけている「秘刀−浴衣美刃」で応募してみたのです(爆)。
 近接武器であるブレード主体の戦法を取る機体。俗に言う剣豪機体である我が愛機には、刀の名前って感じで代々この名前をつけていたりします。MoAの頃からつけている名前なので、都合7年も前につけた名前なのですな。
 ということは、花鳥風月苑を始める前から浴衣、浴衣いってたのか……orz
 エンブレムも「露天風呂の岩場に刺さった青い刀に寄り添う浴衣美人」を書いてつけてましたし……。

 しかし、今回の応募。他の方は格好良い名前を考えておられるのにうちだけ思いっきりネタ全開だった模様で……。まぁ、まぁネタに走った方がうちらしいといえばうちらしいですけどね。
 世の中万事「B級で行こう!?」ですよん。

 とこれだけではなんなので写真を一枚。

 10面ダイスと浴衣美人(何ッ。
 とりもとりあえず撮ったので背景適当。しかも、なぜ10面ダイスなのか意味不明。
 最近、めっきり使われなくなった(VtMの時くらいですな)10面ダイスに哀愁が漂ってますな。

余談
 そういえば、浴衣美刃の元ネタがACの機体ってことは、刀は月光=ムーンライトなんですよね。
 さらに元ネタを辿るとムーンライトソードはキングスフィールドの剣なわけで。
 となると、思いっきり西洋剣なわけですが(爆)。


2005年6月20日  MONONOFU外伝「源平絵巻」−その1 

 毎度の事ながらメイド服に着替えさせるのが面倒という理由で、フリーダムガンダム少女ネタは延期に延期を重ねております(えー。
 あと予想外に浴衣が気に入ってる所為もあるかもしれませんな。
 まぁ、浴衣といえばうちとしてはある意味原点回帰ですしね。思えば表で浴衣萌えーとかいいだしたあの頃から妙な方向に進み始めたのかもしれない。

 というわけで、物は買ったがネタにしていないものが山ほどたまっているので消費消費ー。

 MONONOFU外伝「源平絵巻」から「平清盛」の兜です。
 見ての通り小さすぎですな。
 このシリーズ。前回同様刀だけが1/6スケールになってるのですよ。今回は開き直って箱に「刀1/6スケール」って書いてあるくらいですからね。
 サイズが大きくなるとコストやらの問題とかもあるでしょうけど、スケールは統一してほしいですよね。
 こういう使い方をする人たち(爆)以外の購買層にしても、並べた時にスケールに統一感がないと微妙でしょうしね。

 で、こっちが「源頼朝」の鎧と兜です。
 鎧は何気にシークレット。「琴」狙いで箱買いしたのにシークレットが入っていた所為で、琴だけ入ってない箱に当たってしまったという不幸な出来事……。
 これもサイズ的には小さいですよね。着せようと思えば可能でしょうがピチピチになりそうですな。こんど機会があったら挑戦してみましょう(笑)。

 てなわけで続きは次回の講釈でー。


2005年6月17日  SEEDな浴衣

 帯とリボンも出来たのでSEED DESTINYの浴衣を着用ですよん。

 

 今まで無地の布地ばかりだったのですが、今回は柄を意識して作成。
 正面の裾にフォースインパルス、後ろから見るとセイバーガンダムが見えるようにしてみました。

 帯はともかくリボンはでかすぎたかも。個人的には大きい方が萌えなので意図的なものなのですけどね(笑)。

 袖を広げると同じくインパルスとセイバー。
 しかし、インパルスはともかくセイバーがプリントされているのが涙を誘いますね。ほら、作中での扱いを見ると(笑)。
 初期5体のガンダムの中で一番登場が遅かった上に、たいした戦果もあげられず目に見えた活躍もせずに最後はフリーダムにバラバラにされましたからね。
 まぁ、インパルスにしても2クール突入するまで主人公機とは思えないくらいの影の薄さでしたけど(爆)。

 袖の裏にはシンとアスラン。シンはさかさまですが(笑)。

 

 帯にはワンポイントで組紐風のストラップを付けています。
 お茶のペットボトルについてきたものですね。この手の小物は目に付いたら集めるような習性がついていたり。

 てなわけで浴衣でした。
 今年の夏はこれで乗り切れる(何ッ。

 さて、なんだかんだでフリーダムガンダム少女が先送りにされてますな。
 撃墜記念でなくストライクフリーダム登場記念にならないようにしなければ(笑)。


2005年6月12日  夏や秋のお祭りに向けて

 今日は予定通りフリーダム撃墜記念「フリーダムガンダム少女」をやろうと思ってたのですが、浴衣を縫ってたら時間がなくなってしまったのでちょっくら延期。

 おかげで、SEED DESTINYの布地を使った浴衣が完成(何ッ。
 帯とか和服用のリボンとかも付くらにゃならんので、正式公開はまた後ほど。
 夏から秋にかけての季節ネタはこれ着ていきましょうかね。浴衣にしてはかなり派手なものになってしまったようですが(笑)。

 しかし、当初はY氏にそそのかされて「夏までこの餅米がもったら浴衣作りにでも挑戦してみましょうか」と言っていたのが、どこでどうまちがったのが浴衣どころか巫女装束やメイド服まで作ってしまって……。
 気持の問題よりも意外に作れてしまったってのが誤算でしょうか(爆)。
 基本的に物づくりが好きな性分なので作れるとなるとそれが楽しくなるのですよね。重度のオリジナル偏重癖もあるので、TRPGルールと同じで市販よりも自分で作る方がって志向もありますし。

 やっぱりこの方向性はジャストミートだったのか……orz


2005年6月10日  ムラサメライガー+少女 アクション 

 てなわけで、カオスガンダム少女の時と同じように動きのある写真を少し。

 

 やはりムラサメライガーといえばムラサメブレード
 腰のフレームをそのままくっつけているので、キットの特徴であるブレードの自動展開も再現可能です。
 髪が長いので絡まりそうになりますけどね。

 しかし、逆に腰にブレードが固定されてしまうので動きはとらせにくいかもしれない。

 最萌は後姿ですな(何ッ。
 ブレードがケレン味たっぷりで素敵。

 あとは、もうシャイニング(以下略ネタしか思いつきません(えー。
 猫っぽく顔でも洗っているポーズでもさせようかと思いつつも構造的にどうもむりっぽいんで断念。
 手持ち武器があったほうが表情が付けやすいかもしれませんね。

 あっ、せっかく特典の蓄光ブレードあるので二刀流でもやればよかったかも。


2005年6月5日  ザ・記念日 

 というわけで、いつもの構図で季節ネタです。
 表の5周年記念ですな。ケーキのミニチュアを発見した時から考えていたネタ。
 ある意味、バレンタインネタと並ぶくらい危険なネタですね。またしても巫女装束ですし(笑)。
 ケーキに焼酎だったり、ヘッドドレスつけたまんまだったりミスマッチ全開の写真はキニシナイ方向で。

 裏の方は2001年の9月からのようなのでもうすぐ4周年ですか。どちらかというと、ドールを取り扱うようになってからの1周年記念をやる方が意味的に大きいような気もしますが(爆)。

 そうだ。これだけではなんですし、巫女装束を着てるということでMONONOFUと絡めて見るテスト。

 この間箱買いした「源平絵巻」から弓を一つ。
 玉響、凛々しいよ玉響(えー。
 せっかく買っているのでこまめにネタにしていかなあかんですな。特に小物の類は買うだけ買って絶賛放置ですし。

余談
 今後の予定ー。
 何気にフリーダムガンダム少女が出来上がっているので、来週の放送で撃墜されたらその記念で特集を(爆)。
 あとそろそろ浴衣の季節(何ッ。一着作っておきたい所ですな。
 布屋で種運命の布地があったので、その辺で作るのがうちらしくて良いかもしれないとか思っていたり。 


2005年6月2日  ムラサメライガー+少女 解体新書 

 さて、今回も解説の方を行ってみましょう。
 ゾイドの場合、人型であるMSと違ってまんま取り付けるというわけでには行かないのでアタッチメントパーツが増えております。

 

 まずは足の部分。上記のようなパーツを作りそれにムラサメライガーの足先と装甲パーツを取り付けて足らしくしています。

 毎度の如く平ゴムで輪を作りそこに足を通し固定します。
 ただし、きっちり固定軸が一箇所なのであまりぴったりと固定できてなかったりします。足の裏にフタでもすれば別なのでしょうけどね。
 ここはカオスガンダムの時のようにすっぽり入って、かつ自己主張が少ないようなガンプラの足パーツを使うのが良いかもしれません。

 

 続いて膝部分。
 ここも例の如くアタッチメントパーツを作って膝アーマーのようにパーツを接続できるようにしてみました。
 この膝アーマーと肩のアーマーは両方ともムラサメライガーの脚アーマーを使用しています。
 四足歩行のゾイドならこの互換は共通でいけるかも知れませんね。

 腕の方にも新規のパーツを使ってムラサメライガーの足先を取り付けています。
 鉤爪ライクなパーツ表現ですな。

 

 続けてしっぽ。上記のような形でわっか部分を腰に通します。

 メイド服の背中がスナップで閉める方式になっていたのでそこからしっぽを外に出しています。

 ムラサメブレードが移動するフレームは腰に接続。
 ちょうど腰のアタッチメントパーツを挟み込むような形で固定されています。

 

 でここがちょっと変わったところ。
 下あごのパーツにリボンを通し首にちょうどネックレスのようにぶら下げています。
 ライガーの顔の意匠が少しでも出るようにの処置ですね。

   

 最後のおそらく一番目立つ部分であろうタテガミ部分です。
 これはドール用のカチューシャに左右のタテガミとバイザー部分を接続できるようにしてみました。

 

 メカ+少女ではドールの素体には一切手を加えないという方針で行っているのでこの方法がベストでしょう。

 あと、全身の写真を見てもらえば分かるかと思いますが、どこかしこにキャップをつけてます。
 個人的にはやはりゾイドといえばキャップですからね。ゾイドらしさってのがこれで多少は違うかと思います。

 というわけで、ちょっと駆け足で解説。
 ゾイドではオーソドックスなライガーサイズなので、この方法だと他のゾイドでも応用が利くと思います。
 ゴジュやデスザウラーとかの大型ゾイドや小型のゼンマイゾイドとかだと違ってくるでしょうけどね。サイズや種類を見てもライガー系が一番この企画にはあってるかもしれません。
 ゼロ系のコンプリートとか目指すと面白いかもしれません(笑)。

 「シュナイダー」「イェーガー」「パンツァー」「イクス」「フェニックス」「ファルコン」。チェンジングアーマーだけでもこれだけありますしね。
 ノーマルのゼロも帝国カラーやRZフェニの青いアーマー含めて、さらに「フェニックス」と「ファルコン」はFZ版も加えれば大変な量に(爆)。

 三虎やブレードVSジェノとかテーマに沿った物も良いですな。これはMS少女にも言えることですが。
 いかん、「メカ+少女」ネタだけで裏が埋め尽くされてしまいそうだ(笑)。


前に戻る

広間へ