月夜のお茶会

裏広間お茶会記録>2006年1月


2006年1月30日  変形武器試作 

 衣装作りネタで続くかと思いきやちょっと寄り道。
 土曜の夜は突然こっち方面に餅米が行ったのですよ。

 6日の日記で書いていた剣→弓な変形武器の試作をプラ板工作でサクッと作ってみました。
 まずは大剣モード。てか写真写り悪いな。
 どこぞのガッツだとか左之助とかがもってそうな剣ですな。あくまで試作なので接合部とかの保持力はほとんど無かったりします。
 紐でくくっているのはそのため……ではなく、弓の状態で弦になる部分を余剰にしないために巻きつけているだけです(笑)。実際に作る時は紐ではなく鎖にする予定。

 で、分解モード。
 双剣と細身の剣。細身の剣のほうは鍔とのバランスが悪いので他の処理を考えたいですね。剣ではなく鈴鳴のように槍にするというのが個人的には良いのですが。

 そして弓モード。本当写りが悪いな。
 まぁ、粗が見えなくて良いですけど(爆)。

 鍔パーツで双剣を繋げて弓に細身の剣の方は矢にという流れ。基本的には鈴音、鈴鳴と同じ構成ですが、大剣モードがあるのでこっちの方がまとまりがあるかと思ってます。

 というわけでテストショットというかモックアップというかの試作品。
 デザイン的には大剣モードの時の刃にできる隙間が少々気になりますが結構良い感じかも知れませんね。
 実際に作るとすればやはり刃は金属で作りたいので、ネックとしては加工の手間を惜しまないだけの餅米が出るかどうか。

 衣装、アクセ、武器のセットという基本路線を踏まえると下のドレス用武器ってことで餅米を出すという方法もあるかもしれません。
 ただ、やっぱりメカ+少女用の衣装には鎌が似合うと思うんですよね(笑)。


2006年1月28日  メカ+少女用ドレス その1 

 さてさて、誕生日武器ネタもようやく終わりまして新しいシリーズです。
 しばらく表のTRPGに餅米が行っていたのですが、衣装作成餅米があがってきたのですよ。
 黒のロングドレスでも作ろうかなと思っていたのですが、色々考えているうちにいっそメカ+少女用の衣装を作ろうかなという話の流れになりましてね。
 クリスマスネタのときに言っていたサンタ服デザインの流用で作ろうと言っていたアレです。
 メカ+少女ネタは素材によってパーツのボリュームが違うので上半身にボリュームが偏ったりその逆にってパターンがあるわけです。それで、その偏りを衣装の方で調節しようという実験。

 サンタ服がちょうどスカートやケープ、振袖などを付けるか付かないかでボリュームの調整が出来ましたからね。その派生で作ってみようかと。
 まぁ、スカートをロングとミニに履き替えたり、ブラウスのみだったりジャケット羽織ったりだとかといって普通の服装でもやれることなんですけどね。状況的には衣替えとおんなじノリですし。
 ただ、それを統一デザインの衣装でやってしまおうってのが今回の企画。ぶっちゃけ汎用的にはメイド服で十分って意見はキニシナイ方針で(笑)。

 

 てなわけで、まずは一番の基本である上着。
 当初はメイド服流用のワンピースにする予定だったのですが、ふたを開けてみるとなぜかお馴染みのミニ丈の着物に(笑)。
 微妙に袖が違うだけですね。
 白に黒帯とかにするのでどことなく胴着みたいになっとりますな(爆)。
 今思うとメカ+少女=メイド服の流れならば白と紺の生地にすればよかったのですが、黒のドレスを引きずっているので白黒という配色になっとります。ヘッドドレスとかメイドさんなデザインなのでどっちつかずになっているという意見も。

 ちなみにソックスはいつものオーバーニーですが、最終的にはこの辺の自作で行く予定。

 胴着っぽいってことでなんとなく剣を持たせてみる。
 最初に作った無名の刀。せっかくなんで命名。
 「禍津討(まがつうち)」ってところにしときましょうか。出展「”雪月花”境絵巻」という感じ。
 作った時に巫女装束で持たせていたので和風なイメージがありますからね。
 てか、本当に胴衣っぽいな。ヌンチャクとか似合いそう(笑)。

 似合うといえば現状。
 上着は火曜日に完成していたので現状ではこうなってます。

 スカートと袖を付けたら鎌が似合いそうなゴス風に(笑)。

 つづく〜。


2006年1月24日  鈴音の弓と鈴鳴の矢 

 てなわけで餅米が微妙に裏向きに戻ってきましたよん。
 先日言っていた黒のロングドレスからの派生で新しい衣装作りとかやってたりしますが、先にこっちのネタを終わらせておきましょう。ほんとサンタ服の時並に引きまくってますからね(笑)。

 まずは「鈴鳴の槍」のパターン2。
 柄の部分から刃をはずして組紐でつないでいます。

 刃の部分を飛ばしたり振り回したりするイメージの武器なのですが、さすがにそんな動きのある写真を撮るのは難しいですな。
 刃先が舞うたびに風を切り裂く鈴の鳴る音がって感じでお願いします。

 そして、弓モードと矢モード。弓はともかく矢の方は槍のときと一緒です(爆)。

 

 頑張って引き絞ってみる。
 紐の方には余裕があるのでもっと引き絞ることも可能なのですけど、手の保持力が弱いのでこれ以上引くと矢が手から離れて本当に飛びそうになったり。
 あと、やはり弓の方はともかく「鈴鳴の矢」の方が矢としては違和感ありまくりですが、むしろそこが燃えポイントだと思われます(爆)。エセっぽさ高いですしね。

 てか、アレだ。
 弓矢というよりも「輝刃ストライカー」に見えた。電童ネタなんて分かる人がいるかわかりませんが(笑)。

 ちなみに組紐飾りの方の鈴鳴。矢本体ではなく手の甲に巻きつけてあります。
 矢を放った後、鈴を鳴らすと再び左手には「鈴鳴の矢」が出現といった流れですな。

 鈴を鳴らして矢を引き。放てばも一つ鈴の音

 というわけで、誕生日ネタから延々引いていた「鈴音の弓」と「鈴鳴の矢」ネタ終了っと。
 ネタが引き伸ばされている間に餅米が復活してきたので、引き続き作業は衣装作りへと向かって行きたいと思います。
 詳細はまた後日〜。


2006年1月20日 餅米の動向とタイミング 

 たまには裏で雑記ネタっと。
 すっかり餅米は表向き。何気に黒のロングドレスがほしくなってきたりしてますので、そっち方面に走るかもしれませんけどね。
 てか、2月は節分だとかバレンタインとかもあるのですよね。その前に餅米が戻ってくるかどうか。

 というわけで、雑記ネタ。
 明日、オフセのついでにボークスでも寄ってこようかなと思っていたのですが、明日ってアフターの日だったのですね。
 実は例の「カスタマイズフィギュア」でも買ってみようかと思ってたのですよ。
 まぁ、あの等身とサイズでは玉響さんには使えそうに無いので、ほしいのは関節ユニットだけなのですけどね。ばら売りで関節だけ売ってるようなのでそれを。
 ラチェット式で保持力がすばらしいという話なので、その辺今使っている素体の改造に使えないかと思ったのですよ。
 玉響さんは金属製の武器とかMS少女とか重いもの持ったり付けたりすることが多いので、関節の保持力は高いことに越したことは無いのですからね。
 まぁ、今のオビツ素体でも十分に保持力があるのですが、さすがにレゴ少女になると持ちませんでした(笑)。
 それにやはりドールといえば球体関節なので、その点でも興味が(何ッ。

 しかし、よりによって明日がアフターイベントの日だとは。
 アフターイベントそのものがどのような状況になるのかは外聞でしかしらないのですけどね。あんまり人が多いとなると行く気が無いですな。
 とりあえず、怖いもの見たさで見物に行ってみるというのもありですけどね(笑)。

 そういえば写真だけ撮ったたレゴ少女ネタは延々放置プレイになってますね。
 やはりブロックネタは成功しないというのがうちのジンクスなのかなー。


2006年1月15日  鈴音の双刀と鈴鳴の槍 

 相変わらず餅米が表向きなので作成ネタはしばらくお休みかもしれませんね。
 今こそ買うだけ買って使ってない小物ネタを消費するべきか(笑)。

  

 てなわけで、引き続き「鈴音の双刀」。
 なかなかこのタイプの武器はポーズが取らせにくいかもしれませんね。
 ダースモールとかみて勉強せなならないのでしょうか(爆)。てか、舞乙のシズルさんもがこんな感じの武器使ってましたな。

 続けまして「鈴鳴」。
 組紐飾りの方は「鈴音」と組紐の太さや長さが違ってます。「鈴鳴」の方が長くて細いです。
 何気に鈴の種類も違いまして音色が違っていたりします。「鈴音」の方がいかにも鈴らしい音で「鈴鳴」は少し高い感じでしょうか。
 そして、「鈴音の槍」。MONONOFU外伝‐源平合戦の薙刀の柄に刃は確か第四弾の忍者刀の刃を付けてます。
 刃も柄もながい武器は個人的にツボです(笑)。ビバ長物。

 

 ただし、MONONOFUは刀以外は1/6サイズではない、おそらく1/10サイズということで槍としては微妙に短くなってしまってますな。ショートスピアといった具合。
 まぁ、最終的に矢にすることを考えるとちょうど良いかもしれませんけど。

 静留さん(舞-HiMEネタ多いな)っぽいポーズも長さが足りないのでいまいち決まりませんな。
 昔作った武器ならば長さ的に良いかもしれません

 そして、刃と柄をとりあえずして鈴鳴を付ければ始解(違。

 さらにそして続く(何ッ。
 サンタ服並に同じネタ引っ張っているような気がするがキニシナイヨウニ。


2006年1月11日  鈴音の双刀 

 よく考えてみたら昨日の写真とかは小物作成とは違うような気がしてきた。多少いじってはいますが元がMONONOFUですからね。
 なので今日はエトセトラカテゴリーで。

 帯から鈴音をほどいて鳴らすと両手には刀がってイメージでお願いしますとリフレイン。

 そういえばMONONOFUとか出るたびに買っているのですが、玉響さんにまともに持たせたのは初めてかもしれない(笑)。
 いやー二刀流良いですな。下の写真とか激燃えですよん。
 もともと、こっち方面に行く予定だったのですけどね。メカ少女ネタはともかく、なぜか衣装作りにはまってしまっていた罠(爆)。
 今後はもう少しこっち方面を強化しても良いかもしれない。

 柄を合わせて双刀剣モードに。
 アレですな始解ですよ。始解。最後の鈴音、鈴鳴の弓矢モードが卍解ってことで(昨日久しぶりにブリーチを見たらしい)。

 というわけで始解したところで次回に続く。
 さながら少年誌が如く(えー。


2006年1月10日  鈴音と鈴鳴 

 表の餅米吸われて本来は更新しない予定だったのですが、とりあえずの一枚。
 武器の方も「鈴音」と「鈴鳴」になるのでしょうかね。
 最終的には「鈴音の弓」と「鈴鳴の矢」ということになるのでしょうけど。

 というわけで今日のところは簡単にー。


2006年1月9日  一周年記念 

 こんな時に表のTRPGが上がってくる罠。
 なので若干手抜き風味。いまいちネタにノリきれてない感じがー。  

 

 てなわけで、誕生日という名の一周年。
 裏の誕生自体はもっと前なのですが、ドールを取り扱い始めて=玉響さんがやってきてって事ですな。

 で、誕生日プレゼントは前回までのあらすじ通り。
 全部納めようと思ったらかなりでっかい箱になってしまいましたよ。

 組紐飾りが2種と武器が2種。
 どんなプレゼントだって話はいまさらなのでキニスルナ。

 青い方が「鈴音」。赤い方が「鈴鳴」。
 両方付けるとちょっとバランスが悪いかもしれませんね。鈴がいっぱい。
 帯締めの結び方は結構好きかも知れません。

 んでもって武器の方……は明日以降にでも(えー。
 つづく。


2006年1月6日  変形合体 

 「鈴鳴」の組紐モードのデザインがいまいちすっきり思いつかないので、とりあえず鎖鎌方面で妥協しようかなとおもう今日この頃。
 それより別の武器デザインが思いつく罠。

 「大剣」→分解→「剣×2」→変形→「弓」
          ↓
          →「槍」→→変形→「矢」

 とかいうやつ。鬼武者の「マーセラス極装備 ソード」をみてたらピンときました。
 変形合体は男のロマンである以上に余剰パーツを無くすのは玩具者の悲願であり性ですからね。
 「鈴音」「鈴鳴」の方はエレメントなみにどこからともなく現れるノリなのでそれそれで良いのですが、本格的にギミックを付けて作りたいテーマではあるのですよ。

 まぁ、デザイン的に和ではなく洋風になってしまうでしょうから今回の趣向には合わないということで別の機会に作りたいという話。
 それにいろいろとスクラッチするところも出てくると思いますからね。おなじく今回の方向性とは違ってきますからね。
 今回はタイムリミット付なので買い溜めたMONONOFU流用で行きましょう。


2006年1月4日  プレゼントに武器 

 じっくり集中してテレビを見るって習慣がなくなってしまった昨今、古畑FINALをみながら手持ちブタさんで手を動かしていたらすんなり出来たので先行公開。

 組紐の両端に玉飾りと鈴を付けただけのインスタント。ものの五分で完成(笑)。
 アクセサリって呼べるものかどうかはわかりませんが、浴衣の時のストラップみたいに帯にぶら下げたり、帯締めの変わりにするのもありかと思われます。

 で、ここからがある意味本番。

 武〜MONONOFU〜の刀が二本。
 第三弾と第二弾の刀です。右の二弾の方は柄が違うわけですが、それ以前にあからさまに不自然な部分が(笑)。
 この辺、自然な感じでデザインに取り込めるくらい作りこめたら良いのですけどね。しかし、基本的にスピード重視。

 で、予想通り柄がくっつきます。気分はフリーダム(えー。
 さらにもうひと展開。コレがやりたかったのですよ。

 組紐のアクセサリを付けて弓モードに。玉飾りの穴の部分に刃の先端をさし込んでます。
 無意識の領域どころか思いっきりインスパイアですがキニシナイ方向で(爆)。いや、弓分解で剣ってのは始めてみた時から格好良いなぁって思ってたのですよ。
 合体変形は男のロマンなのです(笑)。

 さすがに刃が金属製なので弓を引き絞ることは出来ませんが、組紐が結構伸縮するのでそれっぽく引くこと自体は可能です。
 ちなみにコレの醍醐味は、弦をひいてはなした時に鈴がチリン鳴るところ。
 なんか、風情があって非常によろしいです。

 アクセサリの方は刀状態では柄に付けることも出来ます。これなら不自然な白い棒が見えないので良いかもしれません(笑)。
 こっちだと刀を振るごとに鈴の音が。一人屠る度に鈴の音が一つ(爆)。

 帯締めをほどいて鈴を鳴らすと両手には一対の刀が。そして刀の柄を合わせて組紐を付ければ弓に。
 そして、弓を放てば鈴の音一つ。

 あぁ、良い感じのイメージが(笑)。
 とりあえず、組紐のアクセサリの名前は「鈴音(すずね)」ってことでお願いします。刀も合わせてその名ですな。

 というわけで誕生日プレゼントには少々物騒ですが完成です。作業時間には30分もかかっていない超インスタントでしたよ。
 組紐結んで刀の柄に穴あけてプラ棒突っ込んだだけですからね。
 いちおうプレゼントって形なので玉響さんに持たせた写真は誕生日にって言うことで行きたいと思います。

余談
 着物が赤いので水色の組紐を買ってきたのですが、よく考えてみると帯が水色だった罠。
 汎用性を考えると赤か紺が良かったかなぁーと思いながら作ったのですけど、どうせならもう一組作ってしまおうかなと思案中。
 組紐アクセのデザインは同じで、もう一つの方は最終的に矢の形になれば「鈴音」と組み合わせたときに美しいかなと。
 「組紐を生かした何かの形」→「槍」→「矢」って流れが良いですね。

 名前は「鈴鳴」。弓の「鈴音」と矢の「鈴鳴(すずなり)」で完全体という一組の得物。

余談2

 レゴ少女ネタ絶賛延期中(爆)。


2006年1月3日  今年始めの日程 

 お年玉ー。
 せっかくだから溜め込んである小物を消費しておかなければですね。
 五千円あったら玉響さんは何を買うのかと考えると、真っ先に酒が思いついた罠(笑)。いままで、酒と絡めた写真が多かったですからね。
 中の人とは正反対ですよ。

 てなわけで年明けの予定。
 物作り熱はいい加減冷めたかなと思っていたのですが、なにやらメカ+少女ネタ用の衣装を作ろうかなとか思い始めましたよ。
 サンタ服からの派生で用途に合わせて各パーツの付け外しが可能な服装。和装だとメカ+少女のイメージと違ってきますのでゴス系で(笑)。
 イメージは既に結構決まっているのですが、まとまった時にまたネタにしたいと思います。

 それより前にあと一週間で裏がこうなってから1周年なのですよ。つまり玉響さんの誕生日(爆)。
 前に書いていたようにプレゼント代わりに晴れ着用のアクセサリーを作りたいと思ってます。
 で、それがただのアクセサリーではなく、なぜか武器作りにまで発展しそうな悪寒。なんかこうインスピレーションがぴき〜んときましてね。
 TRPGルール作成の時にたまに襲われていた感覚に似ています。完全に裏モード互換。

 インスピレーションといっても多分にインスパイア気味なのですけどね。
 音速が遅いレスになってしまいますが例のクリスマスグッズを使った武器ネタ。どうやらS様のところで捕捉されていたようで一品作成されていたという展開。いや、ビックリしてしまいましたよ(笑)。
 しかし、さすがに本職の方。完成度が違いますな。やっぱ、ディテールの作りこみがだんちですよ。
 この辺、「色々なことに手を出しても小器用にそれなりにこなすが、やっぱり本職と比べると見劣りしてしまう」ってウチの特徴が出てしまいますな。器用貧乏いえ〜い(笑)。
 まぁ、表にしろ裏にしろそのマルチな手の付け方がある意味ウチの売りなのですが(爆)。

 というわけで「隣の花は赤い症候群」が発動。表でお馴染みの「他人がやっているのを見て自分もやってみたくなる」という餅米の出かたです。
 アクセサリと絡めて武器の作成までいくという予定で言ってみましょうー。

 本当に餅米の出かたから何まで表のTRPGルール作成と同じですな。

余談

 あっ、その前にメカ+少女ネタやるかもしれません。
 レゴ少女。新たなる試み(爆)。


2006年1月1日  明けましておめでとうございます 

 新年、明けましておめでとうございます。ですよん。
 暑中見舞いは不発に終わったので年賀状はしっかりと。
 こういう写真を撮ってると晴れ着を作ったかいがあるとか思ってしまいますな(笑)。

 まぁ、年賀状っていってもドール関係者の知り合いっていないので、こことミクシーあたりに張って終わりなのですけどね。人形者以外に送っても半分嫌がらせのような感じに(爆)。
 今年は引きこもりをやめてちょっと外に出て行ってみようかなー。

 というわけで、今年も皆様よろしくお付き合いお願いいたします。


前に戻る

広間へ