月夜のお茶会

裏広間お茶会記録>2006年3月


2006年3月31日  メカショ用武器プレビュー 

 風引いて鼻水ぐじゅぐじゅ。
 薬を飲んだら大分よくなってきましたけどね。風邪引き率は高いですが回復度は高かったりたいてい一晩寝れば直りますし。

 と、閑話休題(えー。

 予定通りメカショ服用の武器を作成。
 ひとまず上のような状態なのでプレビュー版。
 てか、うちの場合プレビュー多いですよね。そして、そのまま放置プレイってのも。
 まぁ、ネタ出しだけで企画完遂率の低い表よりはましという話もありますけど。

 出来たのは「白い剣」と「黒い槍」。黒の方は槍というのは少々無理はあるかも(笑)。
 白と黒。メカショ服の各バージョンカラーになってますが、実はこれはあくまでも副産物。これにもう一つのカラー金色分を加えて組み合わせた形態が本来の完成形だったりします。
 25日にの日記で書いているように本来はランスなのですよ。

 つまり、今回も合体武器ってわけですね。製作後に分割できそうだったので追加した後付のギミックです。
 変形玩具好きとしてはやっぱりこういう方向性ですな。
 衣装作りにしてもそうですが精巧性よりもギミック重視。精巧性だと上には上がいくらでもいますからね。
 そうなるとアイディアで勝負ですよ。せめてアイディアだけでも頑張って見なければという話。この辺、表でやっていた(既に過去形?)TRPGルールや世界設定作りでも同じですね。
 レッツネタ勝負。

 というわけで続きます(お約束)。


2006年3月30日  伝説の開店休業現象 

 なんだか最近サイトの表示が重くないですか?
 鼈甲飴鯖の悪い癖が出てるようですね。今まで調子が良かったのにほんと久しぶりかも。
 昔は良く夜になると激重で表示されないなんてザラでしたからね。それに嫌気がさして表はドメインとってレンタル鯖に移ってとかやったわけなのです。
 そのころ裏はほとんど更新をしてなかったので隠しサイトとしてこっちに残しておいたのですが、いまや裏がメインといっても過言ではない状況ですからね(笑)。このまま思い状況が続くようなら、裏もkachofugetsuen.comの方へ移ってしまうのが良いかもしれません。

 そういえば、サブドメインを簡単に設定できるので「ura.kachofugetsuen.com」でいくのが良いですな。
 裏表の統合計画も踏まえて十分にアリな展開かも知れません。


2006年3月27日  ×2 

 わはー、夢の七支刀二刀流(笑)。
 ザらスで陸編が売っていたので二つ買ったのですが、なんと草薙の剣と七支刀という素晴らしい引き。日本神話系かどうかの見分けはつくようになってきたかもしれないですよ。
 それでも4分の1。箱によっては入ってない危険性もありますからね。バラで5個購入して内2つが目的の七支刀だったってのは、やはりこれに関しては運が良いのかもしれません。
 まぁ、いくら見分けがつくかもしれないといってもこれ以上はいらないですけど(爆)。

 しかし、この七支刀のデザインはなぜかツボなのですよね。由来とか歴史的な云々は別として単純に形としてツボ。
 長ものでもないのに何ででしょうかね。とりあずトゲトゲしくて極悪っぽい部分でしょうか?(笑)


2006年3月25日  グレートメカショ服 プレビュー 

 てなわけで、第二段階の掲載を前に第三段階がの方が出来上がったのでそっちを先にプレビュー。

 黒に金のラインという色調。第二段階までが白基調なデザインでしたからね。がらっと印象を変えてみました。
 前述のとおりデザイン自体はサンタ服のリデコです。
 一時はなぜか大岡越前とでもいいたくなってくるような感じになってしまったのですが、なんとか持ち直してまとめることが出来ました。とはいえ一から縫い直したわけではないので大岡越前モードになることも可能だったり(何ッ。
 やはり、脳内デザインだけでやっけるのは危険なものがありますな。下手でも一度デザイン画を書いてみる方が良いかもしれません。

 サンタ服と同じく基本にケープ+振袖+スカート、さらにこっちは前たれを付け足したわけですが、頭にも何か付け足してイメージを変えたいところですね。頭だけ黒一色なので金部分を増やしたい。
 パーツの付け足しでイメージを変えるってのはあれですな、グレート合体(←表でグレートエクスカイザーの写真とかとってた人)。

 いやー巨大カイザーソードは良いですな。玉響さんに持たせてもデカイですよ。

 閑話休題。

 武器といえばこの衣装用の武器も考えてあったりするのですよ。既に材料も購入済み。
 七支刀の時の写真をとっている時にランス+盾とか似合いそうだなぁーとか思ったのです。んで、ギミックも含めて良いアイディアが思いついたので、次はそれの作成に移りたいと思います。
 ランスといってもかなり異形なものになりそうなのですけどね。

 というわけで、メカショ服ネタは続く〜っと。


2006年3月20日  七支刀 

 七支刀かっこういいよ七支刀。

 週末にTF少女ネタをやってたってことから想像できるようになんとか狂想曲を回避することが出来ました。
 単品売りはなかったのですけどね。普通に単箱を色々な情報と自分の感を信じて2個購入したところ、見事に七支刀ゲットという流れ。

 蓋を開けてみると1BOX+2個、ダブリふたつでフルコンプってのは運が良かったような気がしますね。いやほんと良かった。

 

 西洋っぽい格好に七支刀はどうかと思いましたが結構良い感じですな。七支刀自体がお気に入りなのでフィルターがかかってるのかも知れませんが(笑)。
 いかん、二刀流にしたくなってきた(爆)。

 ちなみに、いつものメカ+少女用衣装の下半身がボリュームUPしとりますが、昨日いきなり衣装作り餅米が出てきて作成を再開したのですよ。そう再開。
 もともとメカ+少女用衣装(長いな)は去年作ったサンタ服のリデコですからね。フリルスカート+袖の第二段階の上にフル装備状態があるのですよ。
 というわけで、今週はこのフル装備状態まで仕上げてしまう予定です。

 って、そういえばメカ女衣装(略してみた)も第一段階までしかまともに解説?してないのですよね。
 どのみち作業を進めるのは週末なので、それまでに第二段階の方をやっときましょうかね。


2006年3月18日  TF少女はじめました 

 七支刀狂想曲の結末はひとまず置いておいてですね。
 先にメカ+少女ネタを行ってみましょう。何気に今年最初のメカ+少女ですか。

 トランスフォーマーギャラクシーフォースから「バックギルド」。

 

 ガンダムやゾイドと比べて元ネタの認知度はほとんどないでしょうからまずは解体前(酷っ)の写真から。
 ミサイルランチャーな装甲車からロボットにトランスフォームといった感じ。

 

 そんでもってサクット解体。
 なんだかいつもより簡単に出来たような気がしますよ。使っているパーツが少ないって事もあるかも知れませんが、いつもより斬った貼ったする部分が少なかったです。
 この辺、プラモデルと変形玩具の違いなのでしょうかね。変形の都合上、ロボ時に空洞になる部分が多いのかも知れない。
 やはり、一番手間がかかるのはゾイド娘でしょうかね。もともと人型をしてないってのがネックですな。
 それを考えるとTF少女は普通にアリかも。

 

 この辺は玩具のギミック。
 フォースチップという別パーツを差し込むと

 武器が展開してさらに重装備に。

 

 右腕のランチャーも同様に展開できます。
 見た目にも遊び応え敵にも結構楽しいギミックなのですが、個人的にフォースチップが余剰パーツになっちゃうのが難点ですな(←合体変形において余剰パーツをことのほか気にする人)。
 余剰パーツといえば、クロスのオブジェ形態よろしく外したパーツをビークルモードで固定しておくという案はとりあえず保留。
 前述のようにほとんど斬った貼ったしてませんからね。余ったパーツをつなぎ合わせて台座を作ればいけるかもしれません。
 まぁ、問題はその台座がTF少女状態だと余剰パーツになってしまうことですが(爆)。

余談
 そういえば、メカ+少女用衣装ってことで作ったこの衣装ではじめてのメカ+少女だったのですが、下に着る服としては今の所違和感ないみたいですね。


2006年3月17日  箱買い 

 ある意味表の続きですな。
 FFXII購入者の列にまぎれてMONONOFU陸を買ってきました。

 今回の目的は「七支刀」。刀身から枝のようなものが左右に六本出ている変わった剣です。
 全15種+シークレット1種で1BOXに16個入りなので、ノーマルコンプ+シクレかノーマルコンプ+ダブリのアソートかと思いきや、「ノーマルコンプ+ダブリ」「シクレ入りで草薙の剣無しで1種ダブリ」「シクレ入りで七支刀無しで1種ダブリ」のアソートパターンという事前情報を入手。
 シークレットはいまいち魅力がないものだったのでとりあえず「七支刀」が入っていれば良いなと思って購入したわけです。

 で、BOXを開けてまず1箱目を開封……。

 シークレットの「仕込み刀」が……。
 この時点で嫌な予感がひしひしとしてくるわけですよ。オレの占いは当たる(死亡フラグ。
 予想通り「七支刀」だけが入っていないBOXでしたとさ(泣)。

 だからシクレはいらないとーっ!
 思わずミョルニールを振り下ろす玉響さん。

 うにゃー、MONONOFU関係っていまいち箱買い運が悪いのですよね。
 源平合戦の時は「琴」がほしかったのにシークレットが入っていて琴だけ入ってないアソートでしたし。逆にMONONOFU伍とかシークレットがほしい時には出ませんし。
 そういや、ドラクエ武器の時もほしいやつが入ってなかった覚えが。

 そして、色々買っている割には裏ネタに使ってない罠(爆)。
 ぷちサンプル関係にしても買うだけ買って満足している部分が多し。毎日寝たに困らないだけの分量になるわけですが。

 せっかくなので持たせてみる。
 「七支刀」と同じく下手すると箱買いでも出ない危険性のある「草薙の剣」。
 剣だけでなく「八咫鏡」と「八尺瓊勾玉」も付いているのでちょっとお得感がありますな。

 「十握剣」と「布都御魂」。
 日本神話系の武器は全体的に良い感じですな。日本刀とか西洋剣にない独特の味があります。

 ……あぁ、だからこそ「七支刀」がほしい。
 ノーマルコンプなら通販サイトとかオクでもあるのでその辺が一番確実なのですが。とりあえず、近所のショップで単品売りしてないか探して見ましょうかね。
 週末はTF少女作成の予定だったのですけど、下手すると狂想曲状態になるかも。


2006年3月14日  やっつけホワイトデー 

 とりあえず、一個余ったので玉響さんにプレゼント。
 まぁ、結局自分で食べるわけですが(笑)。

 最近ちょっと季節ネタがおろそかになり気味ですね。1月2月は他の作成餅米に流されていてだったのでそれはそれでよかったのですけど、3月は完全にオルタに食われた形になっているのがネック。
 季節ネタどころか裏自体放置気味になってます。

 と、それは置いておいて(何ッ。
 ネタとしてはもう一つのプレゼントが……。

 

 「トランスフォーマー ギャラクシーフォース」から「ギャラクシーコンボイ」(笑)。
 表で少しネタにしているように

 8割引きという値段で叩き売っていたので大量買いしたのですよ。
 ベルハウスという通販サイトなのですけどね。ゾイドの叩き売りなので以前からお世話になっているお店です。
 ドール関係としてはリカとかジェニーなども安売りしていたりします。
 安いのも凄いのですがベルハウスの凄い所は在庫数。このギャラクシーコンボイで200以上とかありますからね(笑)。三桁とかざら。
 ジェニーの衣装とか在庫1000以上とか見た時は吹きましたよ(爆)。
 終了した番組の商品とか不良在庫になっている商品を大量に仕入れてくるからそんな在庫数と値段になるのでしょうけどね。

 で、なんで裏でこんなネタをやっているかというとTF少女ってのもアリかなという話なのです(笑)。
 見た感じ結構ばらしやすそうで、デザイン的にも武器などはったりの利くものが多いので良い素材になりそうなのですよ。
 サイズ的にもデラックスサイズの物だと十分ですし。デカイと思っていたギャラクシーコンボイも玉響さんと並べてみると意外と小さく見えるのですけどね。てかむしろ玉響さんがデカイ(何ッ。

 普通にメカ+少女をやるのは問題なさそうなのですが、TFらしさってのをちょっと出したい所。
 TFらしさ。つまり変形。
 いや、ガワを着せた玉響さんを変形させると大変なことになりそうなのでそうではなく(笑)、ガワを外してビークルモードに出来るように出来ないかなと思っているのですよ。
 セイントクロスを思い浮かべてもらえれば分かりやすいでしょうか。
 クロスを外して星座のオブジェの形に出来るではないですか。ああいう感じでビークルモードでも固定できるようにすると。

 アムドライバーのバイザーって例もあるかもしれませんね。
 さすがにバイザーのように装着状態で余剰が出ないようには難しいかもしれませんが、クロスのように飾り台につける形なら何とかなるかもしれません。


2006年3月6日  オルタの余韻 

 表の惨状を見てもらうと分かりますが、前回の日記から先週末までずっとオルタ漬けだったので裏は完璧に放置プレイで申し訳ない。時間があったら、というか睡眠等を削って時間を作ってまでプレイしてましたからね(笑)。
 こんなに集中してゲームしたのは久しぶりでしたよ。

 評価に関しては賛否両論あるようですが、個人的にはすごく面白かったですよ。
 確かに7章の展開は辛い……CGだけじゃなくお話的にグロくてエグい展開でプレイヤーの精神にもくる展開でしたが、アレがあったからこそ感情移入してその後の話を進められましたからね。横浜基地襲撃の際の緊張感とか凄くありましたし。
 それまでロボ燃え分で楽しんでいたのが一気に話に引き込まれていったことを考えると、演出的には正解なのでしょうね。
 まぁ、人を選ぶやり方ではありますけど。

 BETA関係の話が未完結のような感じではありましたが、結局マブラヴという作品は主人公とヒロイン、武と純夏の物語だとすればきっちり作品としては完結していたと思います。
 もともとオルタは純夏ルートの一本道という明言がされていたことを考えれば、他のヒロインや別作品のヒロインがサクサク死んでいこうと問題ないわけですよ。いや、純夏すら最終的には死んでましたけど(爆)。
 とはいえ、そんな状況だからこそ最終章が生きてくるわけで、やはりもって行き方としては綺麗だと思います。

 と、やぱりいつのまにかオルタの感想になってますな。表の惨状と同じ(笑)。
 何はともあれ、ロボ分とSF設定分の補給とために始めたオルタですが、とても良い物語分と感動分を補給出来たのは僥倖でした。そっち系のゲームなのに一切萌え分が補給されなかった部分は、きっと賛否両論の元になっている原因の一つなのでしょうね(爆)。

 本来ならばこれだけ餅米を持っていかれる作品に触れると、その反動がTRPGだとか最近では裏の作成餅米に戻ってくるのですけど、なぜか今回はそのまま持っていかれたままなのが危険信号。
 微妙に前回行っていた黒に青いラインの軍服とかはちょっと作りたいのですけどね。あと、「剣もて光導きし乙女」の衣装も良いですな(本編には後姿で一瞬しか出てきませんが)。
 後は何気にTF少女。ギャラクシーフォースの商品が8割引きとかで叩き売られているので色々と買ってしまいそうなついでに裏利用という案が挙がっています(笑)。 

余談
 そういやオルタっている間にひな祭りが終了している罠。
 次の季節ネタはホワイトデーあたりですか。
 いや、そういば今年は玉響さんにチョコを貰ってないのでホワイトデーはスルーという話も(笑)。時間的に今週末しか作業するタイミングがないので、メカ+少女用衣装の追加部分を作るってのが無難なところなのですが、餅米空白地帯の現状を考えると難しいというかどこに転ぶか分からないというのが本当のところでしょうか。


前に戻る

広間へ