月夜のお茶会

裏広間お茶会記録>2006年7月


2006年7月31日  色々と予告 

 表の日記が一日跳んでいたり狂想曲やっていたりして慌しい中、即興で予告がてらに一枚。
 撮影スペース作る手間も省いてその場で撮影。

 とりあえず、これで完成ですな。
 胸元にもうワンポイント欲しかったり、リボン分をもう少し増やしたりするかもしれませんけどね。

 あと、ムゲンバインも半分で終わってますが「ブキボーグ」の紹介もしたいのですよね。音速が遅くならない今のうちに。
 ムゲンバインと同じく食玩なのですが、200円でロボモード、ブキモード、ビーストモードと組み替え可能で、各部共通の径の(ボール)ジョイントで接続しているのでオリジナルの形態も色々と作れるというかなりコストパフォーマンスの良い面白い玩具なのですよ。
 何よりブキモードは1/6ドールに持たせるのにぴったりのサイズですからね(笑)。

 普通のサイトとは違った方面にドールに使える小物発掘サイトとして(何ッ、たまには商品を入手してリアルタイムで更新したい所ですな。


2006年7月30日  気楽に一枚 

 時間がないけど出かける前に一枚。
 予定通りメイド服を作っているその作りかけですな。チャコペンの後がまだ残っているくらいに作りかけです(笑)。

 ついでに以前撮った写真も載せて見るテスト。
 絞りを開放した写真って結構好きですね。カメラの情報収集している時にこのレンズはボケが綺麗だとかなんだとかの話を聞いて良く分からなかったのですが、こうして自分で実際に取ってみると意味が分かってきますね。
 まぁ、どういうボケが綺麗でどういうのがそうでないのかはまだ分かりませんけど。

 それにあれです。背景をぼかすと部屋の散らかし具合もぼかしてくれていいかもしれません(笑)。


2006年7月27日  食玩ムゲンバインでウェポン その1 

 表の日記で書いていたムゲンバインの食玩。
 アニマルモードと5体合体のほかにブキモードというのがあるのですよ。そして、武器といったら玉響さんに持ってもらうしかないではないですか(笑)。
 てなわけで、半ば玉響さん用として買ってきたムゲンバインの食玩です。

 まずはデスビャッコ。

 変形してビャッコスピアに。
 スピアというには微妙に無理があるような気もしますが、単純にサイズ的な問題かもしれませんね。

 続けてデススザク。

 変形してスザクシールドです。
 これはサイズ的にもOKですな。サイズが大きいのでスザクのままで背負っても絵になるかもしれない。
 てか、いっそデスエンペラー少女ってのありかな(笑)。

 デスゲンブ。

 変形してゲンブハンマーになります。
 小ぶりのハンマーですが、2本もって振り回すにはちょうど良いかもしれませんね(笑)。

 てなわけで、残り2つ次回に続きます(何ッ。


2006年7月23日  新戦力 

 さて、裏では話題にしていませんでしたが表ではデジカメ購入計画が発動中だったのですよ。
 今まで使っていたデジカメのUSB端子が壊れてしまって不便してこともあり新しいものを買おうという流れだったわけですが、どうせ買うならばいいデジカメがほしいと考えたしだい。
 正直、今まで写真で撮ると実物のように可愛くないなーと思っていたのですよ(何ッ。
 どうしても瞳が黒くつぶれてしまってちょっと怖いのですよね。かといって、光を当てるとさらに怖いという逆効果。
 画像の明るさや影は撮影環境の問題だったのでしょうけどね。

 んで、高いコンパクトデジカメを買うならば安いデジタル一眼レフを買おうかと考えて物欲MAX。すったもんだで予定よりも早く購入してしまいました(笑)。

 購入したのはニコンの「D50」のボディー単体と「Nikkor 35mm F2D」というレンズ。カメラの世界はまったくの門外漢なわけで、最終的には値段で決定したといった感じですね。おそらくデジイチでは最安値ではないでしょうか「D50」は。
 それでいて評判も悪くなかったですからね。
 まぁ、レンズの値段だけで最初買おうと思っていた安いコンパクトデジカメを買ってお釣りが来る値段だというのは考えないことにしましょう(爆)。

 そんなこんなで、予定していたメイド服作成はあまり進まずに撮影会とあいなりましたのですよ。そして、今まで使っていたデジカメと新しいカメラの比較写真がこちら。

 当然、右が「D50」で撮った写真です。
 同じ条件下で撮った2枚ですが、やっぱり全然違いますな。
 全体的に柔らかな感じながらもディテールは鮮明に写ってますからね。瞳はさすがに前方向からの光源が室内の蛍光灯だけなのでくっきりとはいきませんが、なんとなく左の写真のように怖くないような気がしますな。

 しかし、右の写真を撮るまでに色々試行錯誤がありましたよ。
 オートで撮るとやっぱり暗かったのですよね。だもんで、絞りとかシャッタースピードとか全部マニュアルで設定して撮ったのですよ。
 当然、一眼を使うのは初めてなのでどの数値がどれくらいなのかまったく分からないので、それこそ数値を一つずつずらしてみて最適解を手探りで試して出た結果がこの写真です。

 おそらく、機能とかまだ使い切っていないでしょうからもっと良い物も撮れるかも知れないのですけどね。とりあえず、これだけ撮れれば満足ですよ。可愛いよ玉響さん。玉響さん可愛いよ(笑)。

 まぁ、いくら綺麗に取れてもサイズや画質を落とすと意味がなくなりますからね。今度からは今までよりもサイズとか画質は大きくしていこうかな。今回のこのサイズでも今までと10KBくらいしか違わないですからね。
 てか、サイズは微妙に右が大きいのにファイル容量は右の方がちょっと大きいのが不思議。


2006年7月19日  今週の予定 

 久しぶりに裁縫餅米がUP。今週末は何か縫い物したいと思います。
 流れ的にはメイド服かなーとかとか。決して伝説のメイド服じゃないですよ(笑)>某氏。
 コミック買うお金すらないですからね。材料の方もあるものを使って作成ですよ。

 まぁ、無地の布なら沢山余ってますからね。特価(1m以上)とかやってるとついつい1m買ってしまうので、思いっきり余るのですよ(笑)。
 白はもちろん紺の布地もあったような気がするのでメイド服なら作れると思います。レースがないのであんまりフリフリしたやつは作れないかもしれませんけどね。

 ってか、デザイン考えていたら今回もサンタ服リデコ第2弾になりそうな予感。小袖にロングのスカート、それにエプロンつけて和装風メイド。
 いつものデザインでお手軽に餅米を満たすって方向性でしょうか今回は。

 本当は季節がら浴衣も作りたいのですけどね。上記のように今は布を買うお金すら節約しておきたい状況。
 メカ+少女とか今は既存の素材を消費して場をつないでいきたいと思います。


2006年7月16日  2万ヒットにAC少女 

 いつの間にやら気がつくと2万ヒット超えているではないですか。
 お越しいただいている人には感謝感激。
 内容が少々特殊なサイトですが(笑)、皆さんに楽しんでいただけているのなら幸いです。
 これからもご贔屓にお願いいたしますです。

 てなわけで特に記念企画とかはないのですが、最近回数がぐっと上がっているメカ+少女ネタですよー。
 今回のお題はコレ。

 コトブキヤから発売されている「アーマードコア」のプラモデルです。
 アーマードコアファンとしては待望のプラモデル化。鬼のパーツ分割で塗装なしでもほぼ完璧な色分けとディテールの素晴らしい出来なのですよ。
 しかも、シリーズ展開で武器セットなども出してくれていますからね。これからも期待大のシリーズです。

 ただ、写真を見て分かるように裏で使うにはサイズ的に小さすぎるのが難点。ぎりぎり使えるMGよりもさらに小さいですからね。
 これは使えないかなと思ったですけど、

 なんとか使える範囲のようです(爆)。
 パーツの小さいと密集度が違うのでいまいちACっぽさが出にくいのがつらい所でしょうか。

 後ろ姿。背部パーツの幅が足りないのでこの状態でバックウェポンを発射すると後頭部に命中しそうです(笑)。

 

 左手には月光ことムーンライトを装備。青い刃はガンプラから流用してます。

 あれ、中量胸と中量脚だとブレードの振りは横振りでしたっけ?
 そういやラストレイブン発売当初以降、全然ACはプレイしてませんな。以前なら暇さえあればACやってたのですけどね。
 AC4は是非熱中できるよな内容になってほしいですね。ネット対戦さえ導入されればすごい勢いで廃人化しそうですけど(爆)。

 右手装備はリニアライフル。
 ゲーム中では結構使っていたような気がします。当然、メインウェポンはブレードですけどね(笑)。

 前述のように武器パーツも多数出ており組み換えが可能。そこはACのプラモデルならば当然の部分ですね。
 そうして左右同じ武器を装備できるACなのでウェポンセットは2個買い基本(爆)。
 試しに両肩に大型ミサイル。どう見ても重量過多です本当に(ry。

 そして、同じ武器セットのマシンガンを両手に装備。
 あれですね。ACってゲーム中だと腕上げて撃っているだけなので、ポーズってのはなかなかイメージしにくいですね。
 OPムービーとかだとまだ動いているのですけど。

 やっつけ(何ッ。
 このタイミングでACのメカ+少女ネタってのは記念企画としては記念企画らしい組み合わせだったのかもしれませんな。表裏を象徴するような組み合わせ。
 さすがにTRPGをネタでってわけには行きませんからね。

 あっ、いや。おかカフェがあったか。
 むしろ裏の記念企画としてはそれがベストだったのかもしれません。


2006年7月14日  お菓子なマスコット 

 作成餅米がないときには小物更新ですよ。

 タカラ(合併前ってところにアイテムの音速の遅さを感じる)から出てた森永製菓のマスコット。
 おなじみのお菓子のミニチュアです。

 マスコットとしてのサイズを統一してあるので、スケールがばらばらなのが難点。なんとか1/6っぽいものを購入してきました。

 チョコモノカジャンボ。
 サイズ的には一回りくらい大きい感じですかね。

 も1っこはお馴染みチョコボール。
 こっちはさらに大きいですね。
 オマケならともかく、ストラップ等の商品として売り出すにはやっぱり1/6は小さいですからね。どうしてもオーバースケールになってしまいますな。

 さて今回の写真。
 真上からの明かりだと顔の部分が暗くなってしまいますね。やはりクリップライトか何かを買ってきて前斜め上からの明かりを1つ追加したい所。

 と、後あれだ。UPで撮るとやはりいいかげん眉毛くらい書いてやった方が良いと思ったり(爆)。


2006年7月8日  撮影環境強化?

 デジカメよりも(表参照)先に撮影環境を整えようってことで、ライティングをして写真を撮ってみました。
 今まで室内の蛍光灯だけで撮っていたのですよ。一応、スタンドライトは去年の今頃買っていたのですが面倒なのでつかってなかったのです(笑)。
 室内の明かりだけでは当然暗いのでデジカメの明るさ補正を最大にして、さらに画像編集で明るさ足して酔うやっとという感じでした。

  

 左が編集なし。右が明るさとシャープさの補正した画像。
 元の画像では結構綺麗に写ってたのですが、結局このサイズまで小さくするとあまり変わらないかもしれませんな。
 まぁ、上からスタンドで光を当てているので影が映らないだけでも良いという話も。

 後はあれでしょうか光源はもう一つ用意した方がよいのでしょうかね。

 

 とりあえず、手近にあったメカ物の武器を持たせて撮影テスト。
 左の写真は結構綺麗に取れてますね。しかしなぜ、同じ状況で撮ってるのに明るさがこんなに違うのだろう。
 デジカメの設定は変えてませんし、この2枚はサイズ以外の画像編集もしてないのですけどね。


2006年7月2日  浮遊ポーズ用スタンド 

 さて、表の日記で

 これ1/100「レジェンドガンダム」の初回限定に付いてくるスタンドがいい感じになので、メカ+少女用スタンドに流用しようかということを書いていたわけですが、

 

 さっそく流用してみました。
 本体との接続が当然プラモ用のままではできないのでそこだけ手を加えています。ちなみに、スタンドの方だけで素体のほうには手を加えていません。
 今までのは適当にのせてバランスを取っていただけなのが結構しっかり固定できるようになっています。
 台座そのものも大きくて安定性があるので、背中に大物を背負っていてもおそらく倒れないのではないでしょうか。

 角度や高さもかなりの自由度で設定できるので汎用性もあると思います。

 ここまでの無茶が可能(爆)。
 まぁ、こんなポーズ何に使うのかって話もありますけどね(笑)。玉響さん、構造的に上を向けないのでスーパーマンポーズはできないのですよね。
 以前、首の軸をボールジョイント化しようかと考えていた時期があったのですが、その辺考えてみるのもいいかもしれません。


前に戻る

広間へ