月夜のお茶会

裏広間お茶会記録>2006年8月


2006年8月31日  クロックワークウェポンズ 

 夏休みも今日で最後(関係ないですけど)。
 てなわけでゴスパン風衣装完結編の武器関係をいってみましょう。

 時計の飾り物を腰からぶら下げているという前回の引きの通り今回の武器は時計の針を素材に使っております。本当は飾りの方もちっちゃい時計を使いたかったのですけどね。女性用の文字盤が小さな時計があるはないですか。
 UFOキャッチャーでたまに見かけるので挑戦してみたのですが結局取れずじまい。

 しかし、こっちの方は本当の時計の針です。以前から100均の自作時計の部品を見てこれを刃に使えないかなと思っていたのですよ。100均の針では短すぎたのですがユザワヤの同じく自作時計コーナーでちょうど良い針を見かけたので今回作ることになったしだい。

 出来上がったのがこの二本です。秒針をつかたレイピアと時針と分針を使った双刀の槍(?)。
 本当は時計の針である事を生かして色々と分解合体できるものにしようかと思ったのですが、なかなか良いアイディアに恵まれずシンプルなものとなりました。小さな時計ともどもリベンジしたいところですね。
 といきなり次回のネタフリしてもしょうがないですな(笑)。

 シンプルといってもアルミパイプに皮リボン巻いて時計の針をくっ付けただけでは飾りっ気が足りなかったので、アクセサリ用に買っておいたクロスとクリスマスネタの時に余っていた飾りを切り貼りして装飾してみました。
 もう少し派手さが欲しい所ですが何とか様にはなったって感じでしょうかね。
 せっかくコピーベントを発動できる元を手に入れたものの材料不足。普段から色々と使えそうなのを溜めとかなければいけませんね。

 てか、今回ゴスパン衣装+武器合わせて新規に買った材料って銀のチェーンとこの時計の針だけなのですよね。
 前回の和装メイドに続いて非常にリーズナブルになっています(笑)。

 各武器玉響さんに持たせてみる。
 結構両方ともお気に入りかな。メカショ服のときもそうでしたが金と黒の組み合わせがツボ。
 やはりギミック装飾含めてもう一度挑戦したいところですな。

 最後に色々とポーズ。
 なぜか途中から浮かせてみたりしてましたが(笑)。

 しかし、あれですな。やっぱり格好良い系の衣装も良いなーと思った今日この頃。


2006年8月27日  ゴシックパンク風衣装 

 てなわけで、さんざん引っ張ってようやく正式更新。
 ゴシックパンクっぽい服が欲しくなって作ってみたという今回の餅米。ゴシックパンクという言葉から来る個人的なイメージなのでその辺はツッコミなしでオネガイシマス。

 

 基本的な形はすぐに出来上がったのですが、そのあと結構色々追加して今の形に落ち着きました。
 とりあえずイメージとしてあったのがシャツにネクタイ、鎖に十字架な部分。ひとまずそれっぽい感じにはなったのではないでしょうか。
 最終的に22日バージョンからベルトとボタンが追加されています。

 総合的に見てみるとですね。スカートがちょっとふっくらしすぎたかなと思ったり。
 もう少しタイトな方がらしかったかもしれません。
 あと左足の謎の筒。本当は腰から鎖でぶら下げるズボンを作ろうかと思ったのですけどね。作ってみると中途半端な長さでズボンに見えなかったので、片方だけにとどめてもう片方には銀のクロスをぶら下げるという形に。
 まぁ、この辺がオリジナリティーってことで(笑)。
 実は襟とか帽子とかも思っていたものとは違う形で失敗しているのですけどね。なんとかごまかして形になっているのは秘密です。
 今までも結構、失敗しても作り直さずにそこから別の形に仕上げるってのはやってるのですよね。作り直さずに「ひょうたんからこま」を狙うちょっとした冒険ですよー(何ッ。

 そして、今回も活躍したアイロンプリント。
 シャツの裾と袖、ネクタイ、

 あと、上の写真では見えませんが腕章に髑髏のマークとかつけています。
 転写しているイラストはフリーのWEB素材アイコンを使用させてもらっていたり。こういうワンポイントのデザイン追加にアイロンプリントはいいですな。

 さらにもう一つ目立たない所に時計型の飾りをぶら下げています。
 この辺は武器と関係した部分なので次回に続くのですよー。武器の素材に何を使ったかというヒントヒント。


2006年8月26日  ゴスパン作成近況その3 

 現状報告その3。

 武器まで完成。ってことは全部完成。
 そこまで引っ張るようなネタではないのですが(笑)、更新する時間がないのでちゃんとした更新は明日って事で。明日衣装でその次が武器関係という毎度のパターンかな。


2006年8月22日  ゴスパン作成近況その2 

 前回の続きー。製作途中その2です。

 頭に小さい帽子と足に良く分からない何かを追加。あとチェーン関係ですな。
 もう少しゴチャゴチャさせたいと思っていたのですが、これぐらいがすっきりしていて良いかもとか思う始めてきている所。
 まぁ、せっかくジーストアで小さなボタンを買ってきたのでその辺でディテールUPして完成って所でしょうかね。

 ちなみに今回は専用の武器も作る予定。以前からちょっと使ってみたかった素材があったのでそれを使って作ろかと思います。


2006年8月19日  ゴシックパンク近況 

 てなわけで、意外と早くひぐらしモードが終了したので週末は通常営業でお送りしていきたいと思います。
 んで、実はですね。先週から新しい衣装を作っていたのですよ。
 まだ完成はしていませんが近況報告。

 タイトルにもありますがゴシックパンクっぽい服を作っているのですよ。
 正直、「ゴシック」「ロリータ」「パンク」の組み合わせや分け方ってのがいまいち良く分からないわけですが、あくまでイメージ先行のゴシックパンク風って感じでお願いします。

 玉響さんって顔が男前なので可愛い系よりも格好良い系の方が似合うような気がするのですよね。DPの05番ヘッドは少年っぽいと言われているくらいですし。
 フリルいっぱい夢がいっぱいの方が好きなのですけどね(笑)。

 てなわけであとはチェーンとかその辺で装飾して、あぁ靴下も有り合わせなのでそれっぽいやつを作って。後は頭ですか。
 いつものリボンじゃイメージ違いますからね。てか、ゴシックパンクといわれて頭に名に被せるかってイメージが浮かばない罠。うぬぬぬぬ。


2006年8月13日  ひぐらしモード 

 

 てなわけで、玉響さんをレナのコスに着替えさせて準備完了(何のだ?)。
 店頭売りは4時かららしいのでこれからで買いに行ってきます。

 前回餅米が出たときに刃の塗装まででだったのですが、柄の部分も作成。
 やっつけ気味もさることながらニスでも塗らないと綺麗すぎですな。
 ついでに刃に赤く血の跡でもつけるとそれっぽくなるかも(笑)。


2006年8月11日  ブキボーグを持たせてみよう 

 さてさて、組み替えネタ先にやってしまうと激しくいまさら感が漂いますがムゲンボーグネタいってみましょうかー。
 カバヤの食玩でロボモード、ビーストモード、ブキモードに組み換え可能なブロック的玩具です。
 武器でサイズ的に良さそうな物はとりあえず玉響さんに持たせてみようという、メカ+少女からの派生ネタってところでしょうかね。
 リフレインになりますがロボモードとビーストモードに関しては表の日記で(爆)。

 まずは「エクスソード」。
 ブキモードの造形的には一番格好良いと思うのですが玉響さんとからめて見ると刃の部分が太く短くていまいちですな。

 「ハンマーボルグ」。
 横の突起が邪魔で球体部分では殴れないような気がするわけですが(笑)。それになんだか球体部分が飛んでいきそうなデザイン。

 

 「ダイアックス」。
 写真が2枚あることからも分かるように(笑)、これが一番サイズ的に造形的に似合っていると思います。
 今まで武器作成は剣、槍、弓の3パターンだったのですが斧ってのもいいかもしれませんね。無骨さとのアンバランス。

 「トライデン」。
 槍にしてはちょっと短いのが難点ですかね。まぁ、せっかくのブロック機構なわけですからニコイチにして長くするってのいうのもアリかも。

 最後に「ザンサーベル」。
 柄が太すぎて握れなかったり。これも同じく組み換えで細いパーツを柄にすれば良いのですけどね。
 素で組み立てるだけではなく組み替えて遊べるというのはやはり利点ですな。

 で、その結果できたのが先日の日記のブキなわえですけど(爆)。

 てなわけで駆け足気味にお送りしましたーなのですよ。
 来週はひぐらしモード入るので更新ペースが落ちそうな予感。レナコスのときに作りかけていた鉈を完成させているのでその辺くらいは更新したい所かな、かな。


2006年8月7日  ブキボーグで大剣⇔弓矢の変形武器 

 やはりいい感じに更新頻度が上がってきてますな。
 一眼デジカメ買ってから写真撮ることが楽しくなったのが原因の一つかもしれませんね。

 というわけで流れ的にはブキボーグを玉響さんに持たせてみようって展開なのですが、ブキボーグはブキボーグでも素のブキボーグではなく組み替えネタを先にやりたいと思います。
 いやー色々組み替えて遊んでいたらいいものが出来たので(笑)。

 ブキボーグに関しては表の日記で紹介しているので気になる方はそちらもどうぞ。

  

 で、何を作ったかというと以前武器作りをしていた時に大剣から弓矢に変形する武器の試作を作ってたのですよ。その機構をブキボーグをつかって再現してみたというわけです。
 そして、まずは大剣モード。プラ板試作の時には大剣時の隙間が気になったのですが、こっちの方はそこまで気にならないくらいに収まった感じですね。
 今回、使用しているのは「エクスソード」「トライデン」「ダイアックス」になっとります。

 そして弓矢モード。こっちもそれっぽい感じは十分出ているのではないでしょうか。いや、自分的にはかなり気に入っているから先取り更新なわけですけどね(笑)。
 さすがに差し替え変形なわけですが、もしこの機構で自作武器を作る時には完全変形に挑戦したいですな。あと弦の部分も再現。
 現状でも矢の部分さえ剣の中央から引き抜けるようにすれば完全変形は可能なので、組み替え無しは簡単に出来そうかも。

 

 ちなみにブキボーグだけにロボモードとビーストモードにも変形可能です。
 ロボもビーストも格好良く出来たかもと自画自賛(爆)。いやーブキボーグは当たり商品でしたね。
 花鳥風月苑的にはブロック系玩具は鬼門というジンクスがあったわけですが、初めてブロック系玩具を活用したネタになったかもしれません。

 ちなみに、最初の写真の大剣&弓矢からロボモードにするときにロボ頭と左手を追加していたりします。
 たった2パーツなので大剣&弓矢時にも影響はありませんけどね。
 いちおう、追加パーツあり写真を載せて締めにしたいと思います。

 


2006年8月5日  和装メイド服 

 さてさて、最近更新頻度は上がっているのですが何気にネタは溜まっている今日この頃。
 本日は先週作ったメイド服をいってみたいと思います。

 

 突然、裁縫餅米がやってきてありあわせの材料で何か作ろうということで作成したメイド服です。
 メイド服はメイド服で和装メイド。小袖にスカートというサンタ服から続くリデコ構成第三弾なのですよ。
 デザイン的な引き出しが少ないような気がしますがその辺はキノシナイで。いや、変に引き出しが多くてもいやですけどね(笑)。
 構成は同じでもエプロンとヘッドドレス付けて青系と白のツートンカラーにするとなんとなくメイド服に見えてくるのが不思議、まぁ、そのへん記号的って所でしょうか。

 本来はですね。最初に作ったメイド服の布のあまりを使う予定が見当たらなかったので、紺ではなく明るい青の布を使用。作った後に紺の布が出てきたのは秘密です。
 夏らしく爽やかな色でいいのではないですか。あはは……。

 今回の目玉はU氏作成の「MAHOROBAマーク」をエプロンに付けたところ。舞乙コスの時に会得したアイロンプリントですよ。
 この辺、裏がドールサイトになってからのお客さんにはわからないネタかもしれませんね。
 メイドさん+銃火器で化け物退治(最近は超人バトル物に近くなってきてますが)というコンセプトの「”お帰りなさいませ”Cafeまほろばへ」(略称おかカフェ)というオリジナルTRPGがあるのですよ。
 表でTRPGネタをやらなくなって久しいのですが、オフでは最近また遊び始めていたりするTRPGです。
 と、その関係のマークと思っておいてください。おそらく今後メイド服を作る場合にはこのマークをつけると思います(笑)。お気に入り。

 あとは胸元が寂しかったのでありあわせのビーズでネックレスを。ダイス型のビーズというのもTRPGと絡めたネタに。
 袖の飾りは食玩アクセサリーのヘヤピンです。最近、この食玩のアクセサリーが結構使えるのではないかとちょこちょこ買ってるのですが、その話はまた別の機会に。

 せっかくまほろばのメイドさんなので銃火器で持たせてみる。
 そういえば、当初は玉響さんに銃火器持たせておかカフェネタをやるって企画もあったのですよね。それ用にミリフィグの銃火器は色々揃えてあるのですが、いまだまともにやっていません。
 裏では珍しく企画倒れのネタですね。メカ+少女のほうがメイン張っているという不思議世界(笑)。

 ちなみにスカートを外した方が和装メイドっぽくなるのは秘密。

  

 そして、和っぽくなったということで刀を持たせてみる。
 メカ+少女もいいですが、和装+メイド+刀(+二刀流)ってのも破壊力がでかいですな超個人的に。ハァハァ(笑)。


2006年8月2日  食玩ムゲンバインでウェポン その2 

 予告やってたものをやる前に続いていたものを消化消化。
 食玩ムゲンバインの続きを行って見ましょう〜。

 デスセイリュウ。

 

 変形してセイリュウキャノンとなります。
 組立説明書には、セイリュウキャノン1、セイリュウキャノン2となっていますが、片方はセイリュウドリルってところですな。個人的にはむしろドリルがメインの勢いで(笑)。

 最後にデスロイド。
 これはさすがにブキモードに変形できないので、腕につけているムゲンブレードを装着ですよ。

 てなわけで、食玩ムゲンバインのブキモードを玉響さんに持たせてみよーでした。
 ハンマーとドリルあたりは結構好みでしたね(その2種だけ写真が2枚ある:笑)。
 サイズ的にはまぁまぁでしたが、もともとムゲンバイン用の武器なのでその辺が微妙な所だったでしょうか。いや、ムゲンバインにつけても浮いているような気もしますが(笑)。

  さてさて、そんな不満点を胸に次はブキボーグに行って見ましょう。

余談
 うぉ、ゲンブハンマーって色変え前の四聖獣版では二つに分けないででっかいハンマーだったのか。
 当然、デスエンペラー版の方でもできるので写真撮っておこうかな。


前に戻る

広間へ